読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偶然か必然か、あらゆる物語が繋がっていく怖さ~ビブリア古書堂の事件手帳6~

太宰治の作品を中心に展開される物語に釘づけ!

…ラブラブ展開まだ?! 

 

 こんばんは、ずめっちです。

やっと「ビブリア古書堂の事件手帳」本編既刊分を読み切りました。

今回は太宰治作品を中心に据えた物語で、第一巻の『晩年』をめぐる事件がまた・・・といった展開です。

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。 違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。 本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていたのだ。 過去と現在、まるで再現されるかのような奇妙な巡り合わせに、薄気味悪さを感じる二人。それは偶然か必然か? 深い謎の先にある真実とは?

amazonより

前巻の最後でやっと付き合うことになった栞子さんと大輔。よっしゃ6巻はあまーいラブラブ展開やで!と思っていたら、いきなり病室の大輔。

それも結構重症っぽ。

そこに現れる栞子さん。キッター!と思ったら、なんもなく、あっさり帰っちゃう。

そして現れる母、智恵子。

一時的に釈放される田中、そして太宰の『晩年』、いよいよ最終章か。

 

・・・そしてラブラブ展開はまたお預けでした、(;´д`)トホホ。

 

ここから加速しそうな第6巻、そして次回にはラブラブを!ぜひ!