読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログのネタ帳としてメモアプリを使っていたがイマイチだからアナログに立ち返ってみた

ブログのネタ帳ってどうしてる?


人によっていろいろだと思うけど、例えば、アナログ派・デジタル派のどっち?

僕はずっとデジタル派だったんだよね。


もっとも、情報系の学校→IT系の会社に就職したんだがら、やっぱりデジタルのパワーというか

何でもできちゃう感から、アナログを低級なデバイスとして捉えていたんだと思う。


その頃からもう瀕死の文化だった”PDA(パーソナル・ディジタル・アシスタント”)っていうものがまだ存在していて。

いわゆる電子手帳なんだけど、僕はシャープの「ザウルスSL-C800」通称リナザウのオーナーだった。

リナザウの話をするとモコモコ話しが膨らんでこのエントリが埋まってしまうので、ここまでにしよう。

兎に角、何でもデジタル派だったんだ。


んでね、最近までも、メモとったりするのは、iPhoneの標準メモアプリを使用していて、これがまたよくできたアプリで。

最近のバージョンアップでさらに機能追加され、どんどん高機能になってきて、ほんといい


ただ、どうにもiPhoneにメモしたことって忘れやすい

メモの内容じゃなくて、書いたこと自体を忘れてしまう

あとメモを思い出したとしても、月曜の朝よろしく、そこからブログに起こそうという気がなかなか起きない。

書き込んだ内容自体は結構いい事書いてるのに、結局そこから(Output出さない事には”モノ”にならないわけで。

例えばこのエントリのように、メモ帳の宣伝であることを上手く隠してステマするなど、アウトプットが重要なのに。

僕はこれには、”ある現象”が深く関わっていると考えている。


僕はその現象を、情報が”軽く”なる、と呼んでいる。

よく使う例は、違法アップロード。これってアナログ時代でいうと窃盗だよね。

タワレコでCD盗むのと、ネットに違法アップロードするのは実質的には同じなのに

同じ重さで捉えてる人って結構すくない。つまり音楽データという情報が”軽く”扱われているという事。


話を戻すと、iPhoneで取ったメモも同じように”軽く”なっているんじゃなかろうか。

そう思うようになってから、デジタルメモに不信感が芽生えてしまって。


じゃあ出来るビジネスマンは手帳でしょ、思ったが、生まれてこの方、手帳を使い続けれたことがない。

1日目に意気込んで、予定やらTodoやら書き込む、2日目カバンに入れ忘れる。3日目存在を忘れる

ホントどんだけダメ人間なんだよ…。


そこで出会ったのが、今回ご紹介する「すぐログ」というメモ帳。


なんとこのメモ帳、普通なんですけど、普通じゃないんです。


まず大きさ、丁度いい小ささです。

縦90×横51mmで、一般的な名刺と同じ大きさです。

この大きさのおかげで、どのポケットにもシュッと入り全くかさばりません。


さらに、使いやすさにもこだわりがあります。

この「すぐログ」、専用の鉛筆が付いているのですが、これが優れもので、

ペンの頭にしおり紐がついており、このしおり紐を挟むことによって

瞬時に、今使っているページを開くことができるのです。

ペンは邪魔にならないように、「すぐログ」の背の部分に収納できるので

ペンを探し回る必要もありません。


個人的に気に入っているところは、「すぐログ」の表紙が皮のような質感で

高級感があってめっちゃ愛着がわきます。色のバリエーションも豊富で

私はマットレッドを使っていますが、お気に入りです。仕事とプライベートで

色を分けて持つのもいいかもしれません。


価格は、直販だと648円です。普通のメモより少し高いですけど、それだけの価値があります。

何せ、このエントリはこの「すぐログ」から着想を得て書いてるわけですから、

情報が重さを失っていない事を自ら証明できたわけです。素晴らしいっ。


アフィリエイト的には、こんな日記調じゃないほうがいいんでしょうが、

んなこたぁどうでもいいので、好きな物を好きなように紹介しようと思って書いてます。

といいつつ、お買い物リンク、貼っときますね!

ではっ。