読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金曜プレミアム 『誘拐ミステリー超傑作 法月綸太郎 一の悲劇』が9月23日放送!

ども、ずめっちです。

 

今度の金曜日に、法月綸太郎の「一の悲劇」が金曜プレミアムで放送されるようです。

www.fujitv.co.jp

 

「一の悲劇」は法月綸太郎の傑作ですが、私が一番好きなのは、「一の悲劇」の次に出版された探偵 法月綸太郎シリーズ「二の悲劇」なんです。

二の悲劇 (祥伝社文庫)

二の悲劇 (祥伝社文庫)

 

都内のマンションでOL殺される。死者の胃から現われたメッセージ。小さな鍵が秘めた謎とは!?探偵法月綸太郎が出馬した矢先、容疑者は京都で死体となって発見、そして鍵の正体が明らかになるにつれ、名探偵を翻弄する迷宮の扉が開いた…。

物語りの舞台は京都。詳しい記載はなかったが多分、四条河原町のマルイのあたり、街を歩いていると同級生にばったり再会するところから始まります。

なんともロマンチックじゃないですか?河原町で同級生とばったり。お互い大人になって、女性は過去の面影を残しつつ、大人の女性へと変わっている。そこで始まる予感めいたものが、事件へと繋がっていく・・・。

 

実はこの「二の悲劇」を読んだ当時、ちょうど妻と知り合ったぐらいかな?

私は大阪で、妻は京都。仕事で京都の会社に度々打ち合わせに行った帰りには、デートで京都の町を歩いた記憶があります。なつかしー。

 

多分そういう思い入れもあって、この話が好きなんでしょうね。

悲しい事件と、青春の残り香みたいなものが絶妙に溶け合った、素晴らしい作品だと思います。ぜひ!

 

よろしくお願いします。